都心のコンパクトシティ

多様な都市機能をもった六本木ヒルズ、2003 年のオープンから、2018 年 4 月 25 日で開業 15 周年、区域面積は約11ha、東京ドームの面積が約4.7haなので、東京ドーム約2.3個分です。 2018年4月25日の日経新聞によると、2003年の開業初年度の来街者は4500万人を記録し、その後年間4000万人を維持し、開業15周年の2018年で累計で6億人に達したとのこと。

オフィス、商業施設、ホテル、テレビ局、アート、庭園、公園、レジデンス、バス交通機能が複合的に集積され、様々なコミュニティ活動など、都心のコンパクトシティを形作っています。レジデンスは、以下の棟からなっています。

・ 六本木ヒルズレジデンスA棟、B棟、C棟、D棟 総戸数793戸(賃貸473戸)竣工2003年4月

・六本木さくら坂レジデンス 総戸数22戸(賃貸)竣工2003年12月

・六本木ヒルズゲートタワーレジデンス  総戸数44戸(賃貸)2001年7月竣工

(2018年11月14日)

特集記事
記事一覧