April 27, 2019

秋葉原、万世橋を渡れば神田須田町1丁目、靖国通りを中にはいると、京都の路地に迷い込んだ錯覚に陥いったり、ちょっと仕事帰りに寄りたい蕎麦屋、昭和のビルの合間で神田まつや、こんもり樹木のかんだやぶそば、普段ここまでは来るにはなかなか重い神輿があがりません。昭和初期から佇む歯科医院の住所表記プレート、郵便受けはそのまま使いたいくらいです。昭和はまたひとつ遠くになりにける。

April 21, 2019

そろそろ店舗内の見慣れてしまったレイアウトにも飽きていたこともあり、新鮮に感じます。

ひところのGMSというカテゴリーは、今では既にないんだろうなぁ、デパ地下のような感覚。

店舗って、鉄骨の骨組み、床、とガラスのカーテンウォールだけで、あとはテナントの自由

なんていうのが面白そうで、地下は銀座SONY跡のようにちょっとした廃墟感がいいなぁ

なんて思います。

April 16, 2019

ブルーボトルコーヒー、六本木は商業ビル、蹴上は古民家、清澄白河は倉庫と3店3様。(そのほかの店舗は行っていないので知りませんが、) 六本木店は商業ビルTRI SEVEN ROPPOGI内、有名ブランドもテナントで、蹴上店は南禅寺があり、清澄白河店は清澄庭園があるなど、人を吸引するものが近くにあります。

清澄白河が日本における1号店(2015年2月オープン)、倉庫でロースタリーとしてスタートしたようですが、今はここで焙煎はしておらず、焙煎スペースになにがくるのか楽しみです。 BBCの出店戦略に興味をそそられます、そのうち、他の店舗にも足...

April 8, 2019

中村研一画伯の武蔵野の杜の自宅、アトリエ、茶室は建築家佐藤秀三の設計によるもの。 残念ながら、アトリエは取り壊され、美術館になっている。「茶碗を観て遊ぶ」「終日茶碗サスリ休む」、画伯は、茶と、器への興味は尽きなかったようだ。窯元に行き器をつくり、自ら上絵を描き、そして、その器で「茶」「花」「食」を楽しむ。

Please reload

Blog

ブログ

特集記事

Hi,We are Nishiazabu Living Inc.

July 4, 2017

1/2
Please reload

記事一覧

July 15, 2019

April 27, 2019

April 21, 2019

April 16, 2019

March 21, 2019

Please reload

アーカイブ